アーカイブ | 5月 2017

  • セックスをする事でED治療をしているのが発覚するか

    ED治療は保険が適用されないので、保険証がいりません。そのため家族や会社に治療を行っている記録は届きません。セックスをすることで、ED治療が発覚する可能性はゼロではありません。バイアグラなどの治療薬は、勃起を継続するのをサポートするので、今までのセックスで中折れなどを繰り返している人が、突然射精までできた場合、女性は何か対策をしているのではと考えます。しかしEDの原因は人それぞれで、薬による治療は一時的なものではありません。病院に行ってED治療を受けている人は、食生活や精神的なケアなどを通して、正常に勃起できるように自分の力で改善しています。最近は若い男性でも精神的なストレスからEDになっています。男性はEDになると男性としてのプライドをくじかれたような気分になるため、治療をしたがらなかったり、治療を隠したりします。女性はパートナーがセックスを十分にできないことをそれほど深刻に考えていないことが多いです。EDの症状はある日突然訪れますが、1回のセックスで勃起しなかったり上手く射精できなかったりしても、女性は疲れているくらいにしか感じていません。肉体的かつ精神的なストレスでEDになっている場合は、本当に疲れているのが分かるので、病気とまでは判断されないケースがほとんどです。よって男性がパートナーが知らないところで一生懸命ED治療をし、万全の状態でセックスを行っても、ED治療の成果だと気づく女性は非常に少ないです。分かったとしてもプライドを傷つけないために、口には出さないので表立って発覚することはありません。理想的なのは生活習慣を改善して自分でも気づかないくらい自然にEDを改善することです。